アルギニンとオルニチン

オルニチン、アルギニン、いずれもアミノ酸の一種です。
オルニチンは肝臓の働きをサポートする力があり、お酒をたくさん飲まれる方にもよく知られている成分です。
またオルニチンは疲労回復効果などにも効果があると知られています。
アルギニンもアミノ酸の一種であり、タンパク質の原料となるもので体にとって必要不可欠な成分です。
アルギニンは成長ホルモンの分泌促進、筋肉組織に働きかけ強化し、免疫力をアップするという事で知られています。

アルギニンは一酸化窒素合成酵素という働きを行うアミノ酸であり、体内の様々な部分でサポートしてくれる成分です。
オルニチンは同じアミノ酸の一種であり、同じように体内で活躍してくれる必要不可欠な成分であっても、一酸化窒素の生成はできません。
でもオルニチン、アルギニンとも、私たちの体に有用な働きをする成分という事をまず理解しておきましょう。

肝臓はとても重要な臓器で、体内の掃除をしてくれると考えるとわかりやすいです。
肝臓の働きは、解毒、代謝、短銃の生成や分泌など消火、代謝に大きくかかわっています。
食べ物を摂取し、その食べ物をタンパク質や脂肪などに変え、体内で利用できる形にする代謝という仕事、アルコール、薬、老廃物などの体内に必要ない有害な物質を分解し、体に影響を与えないようにしてくれるし仕事、さらには老廃物を流すために必要な胆汁という消化液を生成、分泌し、脂肪の消化吸収を助ける仕事など、体内にとってとても重要な働きを持っている臓器です。

オルニチンの肝臓サポートの強い働きと、アルギニンの免疫力強化、ホルモン分泌促進作用などによって、強く元気な体作りが望めます。
この二つの成分が共に配合されているサプリメントなどが現在とても多くなっているのは、こうした素晴らしい効果を持った成分が、お互いに相乗効果を発揮し、単体で利用するよりもずっと高い有用な働きをもたらしてくれるからです。
オルニチンを摂取したいと考えている方は、アルギニンが共に配合されたサプリメントを選択するといいでしょう。