冷凍しじみのメリット

冷凍しじみはメリット豊富

「生鮮食品は鮮度が命」と思っている方は多いと思います。
しかし生鮮食品の中には多少寝かせた方が美味しく、しかも栄養価が高まるものも少なくありません。
実はしじみもそうした生鮮食品の一つ。
魚貝類はすぐ鮮度が落ちるし、食中毒が心配だから早めに食べた方がいいのでは?と思われるかもしれませんが、しじみは冷凍保存して寝かせた方が嬉しい効果が発揮されるのです。
今回はしじみを冷凍保存するメリットについてお話しします。

冷凍しじみの3つのメリット

しじみの旬は春夏2回。
この時期はしじみの価格も安くなり、ついついまとめ買いしてしまうもの。
しかし、安くて美味しいしじみも毎日たくさん食べていては飽きてしまいます。
実はしじみは冷凍保存が可能で、しじみを冷凍すると冬眠状態に入り1ヶ月くらいは鮮度が保たれます。

そして小分けにして冷凍保存する過程で、実はうれしいメリットが3つ生まれるのです。
1. コハク酸の量が増える
2. オルニチンの量が増える
3. グルタミン酸とアラニンの量が増える
これらの栄養素がどういう理由で増え、そしてどんな効果を発揮するのか順を追って説明します。

コハク酸の量が増える

まずしじみを冷凍前に砂抜きをする必要があり、濃度1%の塩水に3~4時間放置します。
しじみは淡水や汽水域に生息する貝類なので、濃度1%の塩水はしじみにとってかなりのストレスで、砂と一緒に大量のエネルギーも放出します。
このエネルギーの放出で生まれるのが旨味成分の一つであるコハク酸です。
生体のエネルギーはミトコンドリアで生み出されますが、エネルギーを生み出す過程で酸素を取り込みクエン酸回路が働き、その副産物でコハク酸が生成されます。

コハク酸の効果

コハク酸は旨味成分としてコクを生み出します。
実はその効果を利用して味噌や醤油、みりんなどの食品添加物としても使用されます。
コハク酸はがん細胞を抑制する医薬品にも使われますが、一方で血管の細胞を増やす力も抑制するので過剰に摂取すると虚血性心疾患を引き起こす場合もあります。
ただ、自然状態の食品で摂取している限り副作用が現れることはありません。

オルニチンが増える

オルニチンはしじみに含まれる代表的な栄養素ですが、地方独立行政法人 青森県産業センターの研究報告書では、-4℃でしじみを冷凍保存すると、生の状態よりもオルニチンの量が8倍も増加することが明らかとなりました。
なぜ冷凍するとオルニチンの量が増えるのかはいまだに解明されませんが、こんな簡単なことで増えるのであれば、とても嬉しく経済的です。

オルニチンの効果

オルニチンは肝臓で人体に有害なアンモニアの分解を補助する遊離アミノ酸で、特に飲酒によるアルコールの分解に効果を発揮します。
アルコールを分解すると毒性の強いアセトアルデヒドが生じ、肝細胞のエネルギー源であるミトコンドリアの活動を阻害します。
オルチニンはこのミトコンドリアに働きかけ活性化を促し、肝臓の代謝力を上げる効果を発揮します。
また成長ホルモンの誘導体であり、代謝機能を高め疲労回復効果を発揮します。

グルタミン酸とアラニンが増える

しじみはその触感から分かるように筋繊維が非常に多い食品です。
生体の維持には外部からエネルギー源となる食料が必要ですが、それが得られないと自身のたんぱく質を分解してエネルギー源とします。
この筋繊維の元となる筋たんぱくの分解が進むと、旨味成分であるグルタミン酸とアラニンが増えるのです。

グルタミン酸の効果

グルタミン酸は非必須アミノ酸の一つ。
旨味成分の一つとして知られていますが、神経伝達物質を補助する役割や、疲労回復を促す効果もあります。
それはグルタミン酸にはオルチニンと同じようにアンモニアを無毒化する力があるからです。
アンモニアによって阻害された脳内の神経細胞やミトコンドリアの活動を、そのアンモニアを排出することで再び活性化してくれるのです。
グルタミン酸が豊富な澄まし汁を飲んだ時に、何となくホッとする幸福感がもたらされるのはグルタミン酸の作用によります。

アラニンの効果

アラニンは非必須アミノ酸の一つですが、人のほとんどの細胞に存在する重要なアミノ酸です。
アラニンは燃焼系のアミノ酸で、私たちはブドウ糖(グルコース)をエネルギーとするのですが、アラニンはこの燃焼を助ける役割があります。
アラニンを摂取するとエネルギー効率が良くなり、結果持久力も上がります。
また肝臓でグルタミン酸と共にアルコールの代謝を促し、二日酔いによる疲労感を軽減する役割もあります。

まとめ

しじみは冷凍保存となると鮮度が落ちるどころが、コハク酸やグルタミン酸が増え旨味が増し、さらにオルチニンやアラニンなどのアミノ酸も増えるので、生よりも栄養価が高まります。
これだけ知っていれば、旬の安い時に鮮度や栄養面を気にせず、しじみをまとめ買いすることも怖くはありません。
ぜひあなたの家計と、健康的な食生活、そして美味しい食事に冷凍しじみをご活用ください。
人気記事-popular column-