インスタントのしじみのみそ汁は健康に良い?(インスタントのしじみの味噌汁でも効果は同じ?)

インスタントのしじみのみそ汁の栄養価は?

健康のために、毎日しじみのみそ汁を実践している方も多いと思います。
みそ汁自体は調理が簡単ですが、しじみは砂抜きが必要なため、下ごしらえが少々面倒です。
そこで活躍するのが、インスタントのしじみのみそ汁です。
インスタントのしじみのみそ汁なら、お湯を注ぐだけですぐに美味しいみそ汁ができ、尚且つ下ごしらえの手間が省け、しかも長期保存が可能なのでたくさんストックできます。
ところで、生鮮食品から調理したしじみのみそ汁と、インスタントのしじみのみそ汁では栄養効果に違いがあるのでしょうか?
今回は、インスタントのしじみのみそ汁について考察します。

インスタントのしじみのみそ汁の種類

インスタントのしじみのみそ汁には、現在2タイプが市場に出回っています。
(1)乾燥タイプ(フリーズドライ)
(2)生タイプ
それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

乾燥タイプ

現在、乾燥タイプの主流となっているのがフリーズドライです。
フリーズドライは調理済みの食品を一気に-30℃に凍らせた後、真空乾燥機に入れることで水分を飛ばす乾燥法です。
フリーズドライは必要以上に加熱処理をしないため、素材の栄養素をほとんど損なわず乾燥ができます。
さらに、すぐに真空パックや窒素ガスなどで密封してしまえば、食品添加物を使用しなくても長期保存が可能です。
そのためフリーズドライは、現在乾燥タイプのみそ汁の主流となっています。
乾燥みそ汁はお湯を注げば、すぐに戻ります しかし、フリーズドライの乾燥では水分を飛ばす際に食材に微細な孔が空くため、お湯で戻した時の食感は生タイプに一歩譲ります。

生タイプ

生タイプは、みそや具材をそのまま生の状態で真空パックしたタイプです。
基本的には、それぞれの食材の栄養素はそのまま維持されています。
普通のみそ汁と同じようにお湯に溶かして戻し、触感は普通のみそ汁と同じです。
生タイプはみそや具材に水分があるため、そのままでは食材にある脂質が酸化して腐敗してしまいます。
脂質の酸化を防ぐため、生タイプのインスタントみそ汁には往々にして食品添加物が使用されています。
もちろん、食品添加物は厚生労働省の使用基準に準じて使用されています。
しかし、食品添加物の中には他の栄養素の吸収を阻害するなど、体に悪影響を与えるものもあります。
例えば、食品のpH※1の調整に使用されるリン酸塩は、カルシウムの吸収を阻害します。
※1pH 水素イオン数値。
数字の7を基準とし、7より高いとアルカリ性、7より低いと 酸性になります。
生タイプを使用するときには、食品添加物の少ないものを選んだほうが良いでしょう。

インスタントのしじみのみそ汁と塩分

塩分はグルタミン酸などの旨味成分を、舌での味覚として感じることを強化する作用があります。
インスタント食品は美味しくなければ売れないため、通常の調理食品より塩分が多く使用されている場合があります。
塩分の摂り過ぎは、高血圧症や腎臓病、味覚障害などを引き起こします。
パッケージの成分表で塩分量を確認し、できるだけ塩分の少ないものを選ぶことをお勧めします。

オルニチンを強化したインスタントみそ汁もある

通常、しじみのみそ汁に使われるシジミの量は1杯あたり80g程度、数にすると30個前後に過ぎません。
しじみは100gあたりオルニチンを10.7~15.3mg含有するので、みそ汁1杯で摂れるオルニチン量はせいぜい12mg程度です。
一方、成人が1日に必要と言われるオルニチン量は400~1000mgと言われています。
普通に調理したしじみのみそ汁だけでは、オルニチンの摂取量はごく僅かです。

インスタント食品は加工食品なので、普通の調理では増強できない栄養素を添加することができます。
例えばしじみのみそ汁の場合、メーカーによっては「しじみ●●●個分のオルニチン配合」と謳うものもあります。
仮に、一杯あたり100個分のしじみを含有していれば、約40mgのオルニチンを含有していることになります。
これは、1日に成人が必要とされるオルニチンの摂取量の1/10に相当します。
健康のためにしじみのみそ汁でオルニチンの摂取を目的とした場合、下ごしらえも不要で、お湯を注げば簡単にみそ汁になるインスタントは一つの選択肢になります。

まとめ

しじみのみそ汁のインスタントには、乾燥タイプと生タイプがあります。
乾燥タイプは栄養素の損失は殆どありませんが、触感が劣ります。
生タイプは触感が優れていますが、酸化防止などを目的とした食品添加物が使われています。
食品添加物は、栄養の吸収を阻害したり、体に悪影響を与えたりするものもあるので、食品添加物の少ないインスタント食品を選ぶ必要があります。
一方、しじみのみそ汁のインスタント食品には、しじみ特有の栄養素であるオルニチンの含有量を実際のしじみの量より多く添加しているものもあります。
オルニチンで健康維持を考えているのであれば、食品添加物の少ないインスタントのしじみのみそ汁で十分代用できます。
人気記事-popular column-