オルニチンは血液中に溶け込む

オルニチンはアミノ酸の一種、特に肝臓で強い力を発揮する成分です。
しじみなどに豊富で二日酔いの朝にしじみ汁を飲むなど、古くから日本でもよく利用されてきた食材です。
オルニチンは私たちの体内にも存在していて、肝臓の働きになくてはならないアミノ酸なのです。

この成分は非必須アミノ酸で、必須アミノ酸の様に体内で合成されないアミノ酸ではありません。
非必須アミノ酸、また遊離アミノ酸と呼ばれています。
遊離アミノ酸であるオルニチンは、臓器や筋肉内にとどまっているのではなく、常に血液中に溶け込み、血液として肝臓内で有害物質のアンモニアの解毒などを行っているのです。
とても重要な働きを持つアミノ酸であり、積極的に摂取したい成分でもあるのです。

食べ物を食べると、胃、腸など消化器で消化、吸収され、肝臓、腎臓、筋肉など必要な臓器に運ばれていきます。
ここに運ばれた栄養素は尿素回路、いわゆるオルニチンサイクルという働きによってアンモニアの解毒を開始します。
エネルギー産生に必要不可欠なATP産生を阻害したり、脳の働きに必要なグルコース生成を阻害するなど様々な悪さをしてしまうのがアンモニアです。
血液に溶け込み肝臓にやってきたオルニチンが解毒の働きをしているわけです。

肝機能低下が進み肝硬変などの状態になるとアンモニア脳症になる方がいます。
肝臓でアンモニアを解毒することができず、アンモニアが血液と共に体を巡り、脳の活動に必要なグルコースの生成を妨げてしまうため、わけのわからないことを言ったり、記憶障害になったりという症状を引き起こします。
オルニチンは、解毒ということに関わる成分ですが、この成分がないと、全身にいろいろな支障をきたす、症状を起こす、病気を引き起こすということが理解できるでしょう。
サプリメントなどによって手軽に摂取できるようになったこのオルニチンという成分を積極的に摂取し、肝臓がしっかり仕事ができるようにサポートしていきましょう。