オルニチンはお酒を良く飲む方に効果的

お酒がストレス解消になっているという人も多いでしょう。
最近は女性も仲間でよく飲み会や女子会などを開きますし、現代人のコミュニケーションツールとしても利用される方が多いでしょう。
でもお酒というのは少量たしなむのがいい事であり、食前のちょっとしたアルコールは食欲を増進しますし、胃腸の働きを良くするとも言われます。
お酒は百薬の長と呼ばれるのもこうした飲み方の場合です。

お酒も度が過ぎると翌日はひどい二日酔いに悩まされることになりますし、飲む量が多い日が継続すれば臓器などにも影響してきます。
アルコールの分解を行う肝臓の機能が低下したり、アルコールと共に脂質の多いおつまみなどをたくさん食べれば、肝脂肪、その他にも生活習慣病など、飲み過ぎは体にとって良くないことなのです。

肝臓は解毒、代謝、エネルギー産生を行うという体にとってとても重要な臓器です。
この臓器は無言の臓器とも呼ばれ、昨日が弱くなっていってもなかなか症状が出てきません。
そのため、痛みやだるさなど何らかの症状が出てきたときには、肝臓の機能がかなり低下、悪化した状態という事も少なくないのです。
肝機能を向上させてくれるオルニチンは、アルコールを摂取する方の強い味方になります。

アルコールにもともと弱いという方もいます。
アルコールを飲んで悪酔いの元となるのがアセトアルデヒドの分解能力を超えてしまうからです。
もともとアルコールに弱いという方は、このアセトアルデヒドの分解能力が弱いという方です。
こうした方にオルニチンを摂取してから飲酒させると、アセトアルデヒドの分解が促進され、アルコール性疲労、つまり二日酔いにも効果があるという結果になっています。
二日酔い予防効果について詳しくはhttp://www.wham.jp/でも解説されています。
オルニチンは蜆に含まれている成分です。
夏や冬の旬の時期に食べるしじみは身がぷっくりしていてとてもおいしいです。
定番のお味噌汁の他にもお酒のつまみになるしじみ料理もありますので、お酒の席ではしじみを使った料理を食べてみませんか?

ただ、どんなにオルニチンを摂取しても、アルコールの摂取量があまりに多いというのでは対応しきれません。
健康な肝臓で楽しくお酒を飲むためにも、飲む量を決めて、また休肝日を決め、オルニチンサプリメントを利用しながらお酒と付き合っていくことが必要です。