精神的なストレス軽減とオルニチン

肝臓という臓器は非常に強い臓器です。
体の中で最も大きく、そして丈夫でかなり状態が悪くならないと悲鳴をあげない辛抱強い臓器なのです。
ただこうした臓器だからこそ、痛みなどが出た場合には、かなり病気が進行していると考えられるため、日ごろから肝臓にやさしい生活を送る、またオルニチンなどの肝臓サポート成分を積極的に摂取するということが必要なのです。

肝臓が健康な人と肝臓に何らかの支障があるという人を比較すると、疲労度の感じ方が全く違います。
肝臓という臓器は人が肉体的に受ける疲労と精神的に受ける疲労両方を受けるという臓器です。
肉体的な肝臓の疲労というと暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、また過剰な肉体労働や運動などが理由に挙げられます。
肝臓はエネルギーを産生する臓器なので、こうした肉体的な疲労原因が肝臓に疲労を蓄積させてしまうということはわかりますが、精神的要素が関連するということは意外に感じる方も多いでしょう。

実は肝臓という臓器、睡眠不足や精神的ストレスを実に実直に受けてしまう臓器なのです。
ストレスを感じるとそのストレスに対応しようと交感神経が緊張します。
肝臓は副交感神経によって動いているため、交感神経や副交感神経の調和バランスが乱れてしまうことは、イコール、肝臓の働きを制限してしまうものとなるのです。
交感神経が緊張すると肝臓やそのほかの内臓は血液量が減少します。
このことも、肝臓に大きな負担をかける要因となるのです。

ではこの精神的なダメージを直接受ける肝臓をどう守っていけばいいのか、ここにオルニチンが必要となるのです。
オルニチンなどのアミノ酸類は、ホルモンを分泌するという役割も持っています。
交感神経や副交感神経など神経はホルモンバランスも深く関係しているため、オルニチンのホルモン調整機能によって、精神的なダメージを受け動きの悪くなった肝臓を助けることができるのです。
オルニチンという成分は肝臓の働きをより活性化するという成分ですが、こうした精神的なストレス軽減にも効果を発揮してくれる成分なのです。