オルニチンと成長ホルモン

思春期や子供の頃、成長ホルモンが分泌されにくいと成長に支障が出るといわれます。
成長期のお子さんにとって、成長ホルモンがとても大切なものとなる事はみなさん御承知でしょう。
でも成長ホルモンというのは子供にだけ必要という事ではなく、大人になってからもしっかり分泌されることが必要となるのです。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されますが、その作用はコラーゲン合成を促進する、細胞増殖を促す、肌のターンオーバーを正常化し新しい肌の再生サイクルを整えるという働きを持っています。
大人になってからも様々なことに必要なのが成長ホルモンなんです。
オルニチンは成長ホルモンの分泌を促進、活性化するという力を持っています。

肌の生成サイクルが高くなるということは新陳代謝も良くなっていきます。
睡眠不足が継続すると、肌にニキビなどの吹き出物が出るという人がいますが、これは、睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が不十分となり、肌のターンオーバーが乱れてしまっている証拠です。

ある試験で就寝直前にオルニチンを摂取するグループと、プラセボ(疑似薬)を飲ませるグループに分けて実験したところ、オルニチンを睡眠の直前に摂取された方が、成長ホルモンの分泌が多いという事がわかりました。
こうした結果によって、睡眠中にホルモンが分泌し、その即死に二オルニチンが深くかかわっていることがわかってきたのです。

成長ホルモンがいつもより多く分泌されるようになると、肌荒れにも効果を感じますし、代謝がよくなることで冷え性の改善にもつながったという声もあります。
新陳代謝が活発に行われるようになれば、血液に有用な栄養素を肌がしっかり摂取し、美肌を作ることも可能なのです。
美しい肌になりたい、などの願望があると、高い化粧品を利用したり、いくつものケア商品を購入する等しますが、そうではなくまず内部からオルニチンの効果を取り入れ、成長ホルモンの分泌を促し、元気で快活な人でいられるようにしていくといいでしょう。