しじみが持っているオルニチン

しじみに豊富に含まれているオルニチンは、非必須アミノ酸の一種で、体内で合成ができるアミノ酸です。
オルニチンは肝臓や筋肉などに良い働きをもたらしますが、その臓器などにとどまることがなく、血液内に循環しているものなので、遊離アミノ酸類に属しています。
血液の中に溶け込んだこの成分は、血液と共に体内を循環することで、肝臓によって解毒を行い、肝臓の働きをサポートしています。
しじみのほかにも、チーズやパンなどに含まれていますが、しじみには特に豊富なオルニチンが含まれており、古くからこうした成分があると理解してしない時代でも、お酒を飲んだ翌朝に利用すると二日酔いが楽になるなど言われ、利用されてきました。

ただしじみなどの食品類から、1日に必要とされる量http://www.m-i-w.jp/itiniti.html
また体内で肝臓の働きをしっかりサポートしてくれる量を摂取するという事は不可能なので、サプリや健康食品等から積極的に必要量を摂取するという事が必要とされているのです。
様々な効果が期待出来ますが、代表的なものが肝臓サポートの働きです。

肝臓をサポートする働きから疲労回復効果も期待されます。
体内に不必要な有害物質となるアンモニアを肝臓で分解する際、オルニチンサイクルに働きかけを行う事で、疲労回復効果が期待されるのです。
そのため、この成分は肝臓にとって必要不可欠であり、なおかつ、疲労回復効果を実感するためにも必要という事がわかります。

オルニチンは心をゆったり保つことができる、また気分をアップするということにもつながりますので、日頃から精神的にも疲労を感じるという方にも効果的です。
睡眠について問題をかけているという方も利用してみてください。
オルニチンの疲労回復効果が心のストレスも軽減し、安眠できるという効果も報告されています。
肉体的な疲労、精神的な疲労両面に効果を発揮してくれるこの成分は、現代人が健康に生きていくために重要な成分です。
サプリメントなどでしっかり補給し、健康的な毎日に役立てていきましょう。