しじみは美白にいいのか

しじみの栄養素は美白効果あり

しじみは二日酔いや疲労回復に効果があることで男性に人気のある食品ですが、実は女性にとって嬉しい美白効果を発揮する栄養素も豊富に含有していることをご存知ですか?
若い頃はあまり気にしなかった日焼けの肌も、年を重ねるとシミとなってこびり付き、なかなか取れなくなります。
しじみが含有する栄養素を上手に活用すると、シミの予防や減退に役立ちます。
今回は毎日の食卓で気軽に摂れるしじみの美白効果についてお話します。

シミの原因

シミの原因は紫外線から身を守るためメラニン色素が皮膚に沈着するのが原因です。
紫外線は皮膚上でカルシウムの合成に必要不可欠なビタミンDを作る一方で、細胞のDNAを損傷させる諸刃の剣です。
紫外線は色が濃いものに吸収される性質があり、白や色の薄いものは通過します。
肌が白いと紫外線は皮膚の下の組織まで届き、その細胞のDNAを壊し変性させるので、メラニン色素で皮膚の色を褐色にして紫外線の到達を皮膚までで食い止めるのです。

メラニン色素がいつまでも皮膚に残る原因は以下の2つです。
皮膚の代謝の低下
活性酸素

皮膚の代謝の低下

皮膚は常に古い細胞を分解し、新しい細胞に入れ替える新陳代謝を行っています。
これをターンオーバーと言い、このサイクルが早ければ肌にシミができてもやがて消えて無くなりますが、加齢によりターンオーバーが遅くなると新しい細胞の生産も古い細胞の分解も進まず、結果としてシミが増大します。

活性酸素

紫外線を浴びると皮膚の細胞の中にあるNADPH(還元型ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸)が過剰反応を起こし、細胞内で活性酸素を発生します。
活性酸素は皮膚の細胞の中にあるDNAを損傷し、細胞の複製を正常に機能させないばかりか、細胞膜にある不飽和脂肪酸を酸化し過酸化脂肪酸に変質させます。
過酸化脂肪もこれを除去する酵素の分泌量が正常なら消えますが、加齢や栄養不足で抗酸化酵素の分泌量が落ちると皮膚の細胞膜内の過酸化脂肪は増大していきます。

過酸化脂肪は放置すると超酸化物(スーパーオキシドニアン)を発生し、やはり周囲の細胞のDNAを損傷します。
この超酸化物でメラニンサイト(メラニン色素を作る細胞)が変質してしまうと、落ちにくいシミになります。

シミを消す方法

シミを消すには皮膚の新陳代謝を促し、活性酸素やそれで生まれる過酸化脂肪を除去すれば良いのです。
私たちが日ごろから摂取する食物の栄養素の中には細胞の新陳代謝を促進し、活性酸素を防ぐ成分があります。

しじみが含有する美肌成分

しじみには美白を実現する栄養素が豊富です。
しじみが含有する美白成分は以下の4つです。
ビタミンE
ビタミンB6
鉄分
メチオニン
それぞれの栄養素の効果を見てみましょう。

ビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用のある脂溶性ビタミンで、細胞内の脂肪の中に入り込み活性酸素による脂肪の酸化を防ぎます。
ビタミンEを十分に摂取することで、紫外線の影響で発生する活性酸素から過酸化脂肪の生成を抑制します。
しじみは可食部100g当たり1.6mgのビタミンEを含有し、これは一日に必要な量の20%に相当します。
ビタミンEの多い食品は脂質も多いのですが、しじみは脂質をほとんど含有しないので、コレステロールが気になる方には最適な食材です。

ビタミンB6

ビタミンB6は皮膚の細胞の代謝と成長を促進する役割を担う水溶性ビタミンです。
ビタミンB6と共にアミノ酸を摂取すると皮膚の新陳代謝が活性化するので、加齢によって遅くなったターンオーバーのサイクルを早めます。
しじみの身もアミノ酸の生成に必要な良質なたんぱく質なので、ビタミンB6の皮膚の代謝をサポートします。

鉄分

鉄分は体内に酸素を運ぶヘモグロビンの生成に必要不可欠な必須ミネラルですが、一方で体内に発生する活性酸素を除去するカタラーゼという酵素を作る際にも必要な成分です。
カタラーゼは活性酸素の一つである過酸化水素を酸素と水に分解する酵素で、鉄分を含むプロトヘムというたんぱく質を含有します。
鉄は酸素と結合しやすいミネラルなので、カタラーゼはこの性質を利用するのです。

鉄分には、たんぱく質と合成しやすいヘム鉄と、しにくい非ヘム鉄があり、しじは可食部100g当たりヘム鉄を5.3mg含有し、これは成人一人当たり一日に必要な量の70%に相当します。
生理のある女性の場合、鉄分が不足がちなので、しじみはとても有効な食材です。

メチオニン

メチオニンは人の体内では合成できない必須アミノ酸で、自身も抗酸化作用のある成分ですが、皮膚の代謝を促し抗酸化作用を持つ非必須アミノ酸・L-システインの原料になります。
しじみにはメチオニンが可食部100g当たり150mg含有し、これは成人一人当たり一日に必要な量の28%に相当します。
メチオニンを十分摂取すると、L-システインの体内での生産量を高められます。

まとめ

加齢で皮膚のターンオーバーのサイクルが遅れ、シミの原因となる活性酸素を除去する抗酸化物質の分泌量が減るためにシミの沈着が起こります。
しじみは美白の維持と皮膚の代謝に必要不可欠なビタミンB6、E、活性酸素を取り除く鉄分や必須アミノ酸のメチオニンを多く含有した天然の美白食品です。
しじみだけで美白が実現できるわけではありませんが、同じく美白に有効な抗酸化物質のビタミンCを多く含んだ緑黄色野菜などで栄養のバランスをとることで、美白効果が高まります。
ぜひ普段の食事でしじみを有効活用し、美肌美人を実現してください。
人気記事-popular column-